トイレのタンクの異常が水漏れにつながるケース

トイレの水漏れにはいろいろな種類があります。原因もいろいろとありますが、タンクが問題を抱えて水漏れしているケースはよくあります。少しずつ漏れてくるだけではなく、水道がつながっており使った分だけ水を供給するため、タンクに問題があると被害を広げてしまいます。わずかでも異変があったときには、素早く修理することが、被害を拡大させないポイントです。

■タンクから水漏れが起きる原因

タンクにはさまざまな部品が取り付けられています。下部から便器に水を流す装置もそのひとつで、栓がうまくできなければ、少しずつ漏れ出すようになります。他にも水道管が接続されており、タンク内の水の量によって水を供給したり止めたりします。水道管からバルブを使って供給しますが、使われている部品がボールタップです。
ボールタップは、フロートに連動する大事な部品で、水がタンク内に溜まるに合わせて浮かび上がり、水を止めるように調節されています。この際に調節が間違っていると、どこまで上がっても水を供給し続けてしまうのが問題です。水位を超えた分はオーバーフロー防止のドレーンから便器へと排出され続けるため、水が止まることはありません。流れ出た水が便器からあふれるということはほとんどありませんが、水が流れ続けるため水道代が高騰してしまう原因にもなります。

■地震が起きたときには点検も必要

接続部品があると、その分だけパッキンも使われます。陶器でできているトイレは簡単に壊れたりしませんが、絶対ではありません。特に接続部品が使われている部分は、どうしても弱い場所になりがちです。
接続部分はパッキンを挟んで水漏れしない構造を作っています。陶器を製造する場合に管材を入れて隙間も作らない方法もありますが、力が加わったときに割れたり隙間ができたりする場合もゼロではありません。特に大きな地震があったときには、水漏れする可能性も出てきます。いきなり漏れる場合もありますが、ほんのわずかな水漏れから始まる場合も出てきますので、何か異変があったときにはタンク周りも点検してみることが大切です。普段のトイレ掃除の時も、異常はないか確認してみるといいでしょう。水が流れた後でも確認をすれば、大きな手掛かりになります。

■まとめ
トイレのタンクは水漏れと同時に大きな被害を出す部分です。何か異常をきたせば、大きな問題を生み出してしまいます。トイレ掃除は良いチャンスで、全体を見まわしてみると、異常も発見しやすくなります。小さな変化であっても見逃さないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ