トイレの水漏れは確実な修理で被害を抑える

トイレの水漏れが起きたときには、できるだけ早く修理をする必要があります。修理をしなければ周囲が水浸しとなり、広範囲にわたって被害を及ぼすようになります。驚くほどの被害を発生させることもあるため、なるべく早く修理をするようにしましょう。後手になっても何もメリットはないので、修理が自分でできない場合は専門業者に相談をするのがおすすめです。

■水浸しになり大きな被害を生む

水漏れが起きると、トイレが水浸しになるケースも出てきます。便器の中であふれて床など周囲へ流れるようになりますが、床は水を吸収してしまい、そのまま床下に影響を及ぼします。床材は水浸しになればどんどん傷んでいきますし、壁も水を吸い込めば壁紙が膨らみ、のりもはがれて元には戻りません。無垢材を使っているケースではさらに水に弱く、深刻なダメージを受けることも考えられます。トイレの外部にも流れてしまえば、もっと大きなダメージを生み出すでしょう。
集合住宅などでは下の階に流れていく場合もあります。大きな被害を生み出してしまうため、保険をかけなければ入居できないところも珍しくありません。水漏れはこのように問題が大きくなる恐れもあるので、必ず修理をすることが必要です。

■止水栓を閉めて安全に

トイレの水漏れが起きたときには修理をしますが、大事なことは水の供給を止めることです。タンクから水漏れしてくると、流れた分だけ水道から供給されてしまいます。供給され続ければ水が止まることなく漏れていくため、大きな被害を生み出してしまうこととなります。そのため修理の前に止水栓を閉めるのが重要です。
止水栓は、トイレの水道管を追っていくと見つけることができる装置です。構造的に難しいものではなく、閉めれば水が止まります。道具を使わずに閉められる場合もありますが、マイナスドライバーなどを使うことが一般的です。普段からどこにあるのか確認しておくとともに、閉められるかどうか調べておけば安心でしょう。止水栓が固着してしまい、器具を使っても回らないこともあるので注意が必要です。
水の流れを止めることで水圧のかからない状況を作れるため、トイレのどこの部分でも安全に修理ができます。止水栓が分からないときには、元栓を閉めるのも大事な対応です。

■まとめ
トイレの水漏れは、できるだけ早い対応がカギを握ります。時間とともに被害は大きくなるため、水漏れに対する修理が必要です。専門業者に依頼する場合でも、まずは止水栓を閉めてしまえば時間も取れるため、どんなに焦ったとしても、手順を間違わないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ