ボタボタと流れ落ちるトイレの水漏れ

トイレの水のトラブルでよくあるケースは、便器の中に水が漏れ出している状況です。ボタボタと流れて出てくる水は、見逃すときも出てきます。この状況が怖いのは、使ってもいない水道代を支払わなければならない点です。経済的な被害を出す状況が、ボタボタ流れる水漏れから考えられます。見逃すには、あまりに危険な状況となるでしょう。

■タンクから流れ出ている

便器の中に水がボタボタと漏れ出す場合は、タンクに原因があります。水が漏れ出してくるのは、本来流れない状況を作る部分に異常があるからです。水を貯めて必要なときに流すのがタンクの基本構造ですが、問題が発生している場合は、タンクにおける栓にトラブルが発生していると考えられます。
タンクの内部を見ると、底の部分には水が流れ出さないよう、栓ができるゴムがついています。これがレバーと連動して水が流れる仕組みです。ゴムでできた部品は水の中に浸かっているため、だんだんと劣化し弾力性を失い、隙間ができます。その隙間から水が漏れ出すようになりますが、水はどんどんタンク内に供給されるため、水漏れは止まりません。ゴムの部品はホームセンターでも手に入るため、自分で交換すれば、水漏れが止まることもあります。

■あふれ出してきているケース

タンクの栓が劣化して水漏れする他に、あふれ出してくるトラブルも発生します。トイレのタンクは、水が供給されるとフロートが持ち上がり、一定量で止める仕組みです。このフロートに異常があると、水を止めることができません。水が常に流れていくようになります。こうなるとフロートの交換や調整が必要で、処置をしなければ水漏れを止めることができないので、早めに対処をすることが求められます。
24時間漏れ出すようになれば、経済的損失は止まることがありません。ボタボタの量でも24時間漏れたらどうなるのか想像してみると良いでしょう。驚くほどの経済的な損失を被る恐れもあるため、すぐに業者へ連絡をして修理をすることがおすすめです。

■まとめ
トイレの水漏れの中でもボタボタと漏れてくる状況は、気が付かないこともありますし、気がついても大丈夫だろうと見て見ぬふりをする場合も出てきます。水道の請求額が上がって初めて修理を意識するケースもありますが、サインを見逃さずすぐに対処をすれば大きなトラブルになることもありません。修理代の方がはるかに安くなるケースも出てくるため、早めに直してしまいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ